Top >  ブランド コーチ特集 >  ブランド コーチ バッグ

【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

ブランド コーチ バッグ

現在、ブランド バッグにおいて、国内市場で一番売り上げを伸ばし続けているコーチ(COACH)

コーチ(COACH)のバッグは、ファンション性と機能性を持ち合わせた斬新なデザインばかりです。

キャリーオール、ギャラリートート、サッチェルなどのトートバッグをはじめ、ダッフル、スモール フラップ、スウィングパックなどのショルダーバッグに人気が集まっています。

国内シェア第2位というコーチ(COACH)の躍進ぶりは、王者ルイ・ヴィトンを震撼させるほど、ブランド業界にも反響を呼んでいます。

今まさに勢いに乗っているブランド コーチ(COACH)のこれまでの軌跡と魅力について簡単にご紹介いたします。

コーチ(COACH)は、1941年、ニューヨークマンハッタンで、マイルス夫妻の小さな皮革工房から誕生しました。
当時から大人気だった野球に使うグローブの革からヒントを得て、コーチ(COACH)第1号のバッグを作ったのが始まりです。
耐久性と機能性を兼ね備えた革のバッグは、またたく間にアメリカで働く女性たちの支持を受けました。

日本への進出は1988年からですが、その当時は、バブル景気に便乗して派手なDCブランド旋風が吹き荒れていました。
この第1次ブランドブームにコーチ(COACH)の名前はなく、富の象徴にふさわしくルイ・ヴィトン、グッチ、シャネルなど、ヨーロッパの高級ブランドで埋め尽くされていました。


やがて、バブルが崩壊し日本経済が不況に突入する中、1996年頃から第2次ブランドブームが訪れます。
第1次ブームと比べて大きく変化したところは、新鋭デザイナーのマーク・ジェイコブス氏を起用したルイ・ヴィトンに代表されるように、それまでの伝統的なイメージのブランドバッグをファッション化させたことです。
「ヴェルニ」「マルチカラー」などはその象徴といえます。

その頃、何となく野暮ったいというイメージがあったコーチ(COACH)も、当然その波に乗り、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターとしてリード・クラッコフ氏を招き、ファッション化を進めました。
そして、2001年、「C」の文字をデザイン化した「シグネチャー・コレクション」を発表し、これが爆発的な大ヒットをもたらし、一流ブランドとして世界的なレザーブランドの地位を築くこととなったのです。
日本でもじわじわとコーチ(COACH)ブームが広がり、店舗数の増加とともに売り上げも伸ばしていきました。


2004年頃から、既存の高級ブランドは、飽和感のためか売り上げに伸び悩みの兆しが見え始めました。
それと反比例するかのようにコーチ(COACH)は、右肩上がりで売り上げを伸ばしていったのです。


そんな躍進し続けるコーチ(COACH)の魅力は、

・ブランドにしては高くない

・おしゃれなのに機能的で使いやすい

など、親しみやすいブランドということではないでしょうか。


「普遍性」「希少性」を強調し、持っているだけで価値があった高級ブランドとは一線を画し、コーチ(COACH)は、「目的に合わせて選べること」「取り替えること」を楽しめる新しい感覚のブランドなのです。


コーチ(COACH)は、今後も2009年6月までには、店舗数を150〜160店へと拡大する計画とのこと。

年齢層など関係なく知的&モダンな女性から支持を受けているコーチ(COACH)が、今後、日本市場においてどんな展開を見せてくれるのか目が離せませんね。


>> コーチ シグネチャー バッグ


ブランド コーチ特集

関連エントリー

 • ブランド コーチ バッグ  • コーチ 直営店


Top >  ブランド コーチ特集 >  ブランド コーチ バッグ