Top >  腕時計 >  TISSOT(ティソ) 腕時計

【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

TISSOT(ティソ) 腕時計

TISSOT(ティソ)は世界で最もポピュラーな腕時計

「世界で最もポピュラーな腕時計ブランド」といわれるTISSOT(ティソ)は、1853年の創業以来、どの時代にあってもつねにセンセーショナルな話題を提供してきました。
世界初の耐磁時計を世に送り出したのも、ファミリー・ムーブメント方式を採用したのもTISSOT(ティソ)でした。
さらに、ワールドタイマー機構を備えた「ナビゲーター」、ケース素材にプラスチックを採用した「シデラル」と、どれも時計史上のイノベーション・モデルとして、今も語られます。
このようなTISSOT(ティソ)の時代の感性を先取りする斬新な発想と革新的な製品開発への情熱は、1世紀半を経てなお失われることなく、綿々と受け継がれています。
伝統と先進の調和。つねに新たな価値を創造しつづけTISSOT(ティソ)の世界は奥深いといえます。


TISSOTとオーウェン

オーウェンがTISSOTとのパートナー契約を結んだのは、彼がまだ若手ホープとして期待されていた17歳の頃でした。
2004年7月の契約更新の時に彼は次のようなコメントをしました。
「TISSOTはサッカー選手としての僕の本格的なキャリアのスタートから現在まで、常に僕を支えてくれています。
僕はTISSOTとのこの特別な関係が継続されることをとても嬉しく思います。
またTISSOTの腕時計を着用することにとても誇りを持っています。」


TISSOTの時計の歩み

TISSOTは、1853年にスイス時計産業の中心地ル・ロックルに、時計職人シャルル・フェリシアン・ティソと息子のシャルル・エミルによって設立されました。
シャルル・エミルは12歳の頃から各地で修行を積み、その後渡米。
時計職人としての技術を磨きながら、同時に外国でのマーケティングのノウハウを身につけていきました。
アメリカでの輸出を経てロシアでも販売を開始したTISSOTは、帝政ロシア時代の貴族たちにも愛用され、その地位を確固たるものとします。
1960年代にクォーツの登場によって激化した国際市場でも躍進し続けることができたのは、TISSOTの理念である先見性と革新性にあります。
1889年、「TISSOT(ティソ)」の名前を世界に知らしめることとなったパリ博覧会が開催され、そこで「オール・コンクール賞」(他に匹敵するものが無いという意)を受賞しました。
1986年、ジュネーブ博覧会で「金賞」を受賞。
1900年、パリ博覧会で「グランプリ」を獲得。
この度重なる受賞は、TISSOTの時計ブランドとしての評価を不動のものとしたのです。




 TISSOT(ティソ) 腕時計 コレクション
世界で最もポピュラーな時計ブランドと称されるTISSOT(ティソ)の腕時計。





腕時計

関連エントリー

 • フォリフォリ 腕時計  • グッチ 腕時計  • オリエント 腕時計  • エルメス 腕時計  • ZUCCa(ズッカ)腕時計  • ロレックス 腕時計  • カルティエ 腕時計  • TISSOT(ティソ) 腕時計  • コーチ 腕時計


Top >  腕時計 >  TISSOT(ティソ) 腕時計