Top >  バッグ >  エルメス バッグ

【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

エルメス バッグ

エルメス バッグの伝統

エルメスのバッグには、熟練職人たちの徹底した手作りへのこだわりやプライドが息づいています。
例えば、エルメス バッグの象徴となっている「ケリー」や「バーキン」は、1人の職人が製造開始から完成まで責任を持って作られ、製造した年、製造したアトリエ、そしてどの職人がそのエルメス バッグの製作を担当したのかが示された職人ナンバーが刻印されます。
そして、職人名が刻まれたエルメスのバッグが修理に出されたときには、作った職人まで届けられ、責任をもって修理されるということです。
また、エルメスのバッグが作られている縫製には、クウジュ・セリエという手法が使われていて、1本の糸の両端に針を通し、革に打たれた縫い目の両側から糸をクロスさせて縫っていくため、熟練と多大な手間を必要としています。
一流ブランド エルメスでは、職人を育てるための投資を惜しまないことでも有名です。

ここまで徹底した管理の下で製作・修理されていくエルメスのバッグが、高品質であることは言うまでもありません。
エルメスがこだわる、手作りによる質の高さは、160年以上にもわたり、世界の女性を魅力し続けています。


エルメス バッグの歴史

エルメスは、ファッションブランドの中心地パリで発祥した160年以上の歴史を持つブランドです。

1837年、馬具職人の初代「ティエリ・エルメス」が、パリに馬具専門店を開いたことから、エルメスの歴史がスタートします。
1867年に第2回パリ万博の馬具部門銀賞を受賞されたことをきっかけとして、ナポレオン3世やロシア皇帝など、貴族御用達のブランドとして発展していきました。
エルメスのブランドマークである四輪馬車は、この馬具を象徴しています。

その後、エルメスの3代目となる「エミール・モーリス・エルメス」は、馬車に代わり車が発達していく時代の変化を的確に捉えて、女性のファッションに欠かせないバッグや財布、革小物をはじめ、アクセサリーや化粧品まで幅広い商品を開発します。
1892年、エルメスの最初のバッグとなる「サック・オータクロア」が発表され、エルメスのバッグの歴史が始まりました。
1935年には、「サック・ア・クロア」を発表。「サック・ア・クロア」は、その後、ハリウッド女優でありモナコ王妃である「グレース・ケリー」が愛用していたことから、1956年に「ケリーバッグ」に改称されます。
「ケリーバッグ」は、瞬く間に世界中の人気アイテムとなり、現在でもエルメスの象徴的なバッグとして高い人気を誇っています。

1969年には、故ケネディ大統領の婦人だったジャクリーヌ・ケネディが愛用したことで知られている「コンスタンス」を発表しました。
その後も、「バーキン」や「エル」など数々の人気バッグを発表しています。

世界中の女性たちから愛され続ける一流ブランドのエルメスのバッグは、まさに女性の永遠の憧れですね。



 エルメス バッグ コレクション
バーキン、ケリー、ガーデンパーティ、フールトゥ、エブリン、ピコタン、ドーヴィル他。

 エルメス バッグ 人気ランキング
エルメスのバッグ、週間ランキング。バーキン30トゴが大人気。


ブランド「エルメス」の年間テーマとは

高い技術と高品質なバッグやその他エルメスの製品を世界中に送り出し続けている一流ブランド「エルメス」が掲げるテーマとは、どのようなものでしょうか。

1987年、エルメスは創業150周年を迎えました。
その年からエルメスは、ブランド・コンセプトを示す「年間テーマ」の設定を開始しました。

1987年から、テーマに沿って作成されるカデナやカレ(スカーフ)などにコンセプトが反映され、毎年発表されるテーマもエルメスファンにとっては、楽しみの1つとなっています。

1987年のテーマは、Feux d'Artifice=花火
1988年のテーマは、Exotisme=エキゾティズム
1989年のテーマは、Vivre la France=フランス
1990年のテーマは、Air Libre=アウトドア
1991年のテーマは、Extreme Hermes=遠い国のエルメス
1992年のテーマは、la Mer=海
1993年のテーマは、le Cheval=馬
1994年のテーマは、le Soleil=太陽
1995年のテーマは、la Route=道
1996年のテーマは、la Musique=音楽
1997年のテーマは、l'Afrique=アフリカ
1998年のテーマは、l'Arbre=木
1999年のテーマは、Dans les etoiles=星
2000年のテーマは、Premiers pas dans le siecle=新世紀への第一歩
2001年のテーマは、la Terre=地球
2002年のテーマは、La Main=手
2003年のテーマは、La Mediterranee=地中海
2004年のテーマは、La fantaisie=ファンタジー
2005年のテーマは、Grand fleuve=大河
2006年のテーマは、L'AIR DE PARIS=パリの空気
2007年のテーマは、Entrez Dans la Danse!=ダンス
2008年のテーマは、Fantaisies Indiennes=眩惑のインド


エルメスの商品の多彩さは、最近話題を呼んだティーカップに至るまでとても豊富ですが、特にエルメスのバッグとスカーフは他のブランドに負けない品質を誇っています。
確固たる伝統を守りながら新しいことに次々と挑戦する斬新な姿勢が、一流ブランド「エルメス」のファンを飽きさせない理由ではないでしょうか。
付加価値の高いブランドには力があり、ありえない程高額なエルメスのバッグは、本国のフランスを上回るほど、日本で売れているようです。

バッグ

関連エントリー

 • miumiu(ミュウミュウ) バッグ  • クロエ パディントン  • バレンシアガ バッグ  • ガルシアマルケス バッグ  • キタムラ バッグ  • クロエ バッグ  • サザビー(SAZABY) バッグ  • シャネル バッグ  • エルメス バッグ  • セリーヌ バッグ  • グッチ バッグ  • バーバリー バッグ  • アナスイ バッグ  • コーチ(COACH) バッグ  • サマンサタバサ バッグ


Top >  バッグ >  エルメス バッグ