Top >  ブライダルリング >  カルティエ マリッジリング

【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

カルティエ マリッジリング

カルティエのマリッジリングへのこだわり

マリッジリングだからこそ、高級ブランド、カルティエにこだわりたい、という人も多いことでしょう。

ブライダルリングの人気ブランドとして不動のステータスをしめているカルティエは、王室御用達のジュエリーブランドとしても有名です。

カルティエのマリッジリングは、シンプルながらも個性がはっきりしたデザインが特徴で、ビスモチーフのラブリングやスクエアが連なるラニエールをはじめとして、「愛、忠誠、友情」をデザインに込めたトリニティリング、艶のある鏡面仕上げとマットのコントラストが魅力のC2リングも人気です。

リングは古代から「永遠」を象徴しており、同じく「永遠」をあらわすダイヤモンドとの相性がいいといわれています。
マリッジリングは、「誠実、貞節」を誓うという意味を込めて二人でずっとつけていくものです。
二人の気持ちの象徴ということもあり、マリッジリングは、おそろいのデザインにされる方が多いです。

マリッジリングは日々つけていくものなので、飽きの来ないデザインがおすすめです。
でも、これまでは、エンゲージリングはダイヤモンドの石付きで、マリッジリングはシンプルなもの、というケースが一般的でしたが、最近は、めったにつける機会がないエンゲージリングよりも、普段使うマリッジリングにお金をかけていくケースが増えてきています。

普段使うマリッジリングは、いちいちジュエリーボックスにしまうのも一手間ですね。
そんな時は、片付ける、というより、リングを展示するようにしてみると部屋も華やかになります。
かわいらしいデザインが豊富なリングピローに飾るのもおすすめです。


カルティエの歴史

カルティエは、パリに起源を持つ高級ブランドの1つです。
創始者は宝石細工師のルイ・フランソワ・カルティエで、彼は1847年にパリのモントルゲイユ街13番地に「メゾン・カルティエ」を開設したのが始まりです。
やがて店を移転していき、1904年、当時エドワード7世の時代に、英国王室御用達のブランドにまで成長しました。
カルティエはリングだけでなく、腕時計、香水、ライター、レザーグッズにも発展していき、現在では確固たる高級ブランドの座についています。

特に、精巧で高度な技とデザイン性に優れたジュエリーウオッチは、カルティエの大きな魅力となっています。
最近では、婚約の証としてカルティエのジュエリーウオッチを選択される方も多いとのことです。
リングにしても時計にしても、二人の気持ちをしっかり確認しあっていくことが大切ですね。


 マリッジリング 人気ランキング
ブルガリ、ティファニー、グッチ、カルティエのマリッジリング。

 カルティエ ラブリング
憧れのぺアリングといえばカルティエ ラブリング。

 カルティエ C2リング
シンプルな中にカルティエの個性が光るC2リング。

 カルティエ ペアアクセサリー
世界中の恋人たちが注目のカルティエ ペアアクセサリー。

 カルティエ ラニエール
ラニエールとはフランス語で「細長い皮紐」。スクエア型が連なったシンプルかつ洗練されたデザインのリング。

ブライダルリング

関連エントリー

 • 4℃ エンゲージリング  • 4℃ マリッジリング  • ティファニー エンゲージリング  • ティファニー マリッジリング  • ブルガリ エンゲージリング  • ブルガリ マリッジリング  • カルティエ マリッジリング  • カルティエ エンゲージリング  • ジェムケリー ブライダルリング


Top >  ブライダルリング >  カルティエ マリッジリング